婚活ブログ

着たい服に自分を合わせていく。

2017年12月17日

アイコイ婚活ブログ【着たい服に自分を合わせていく。】

こんばんは。望月順子です。

先日、マリインスキー歌劇場管弦楽団のコンサートに行っていました。


内容はさておき、楽団の方はみなさん「黒」の装いでした。

男性はタキシード、女性は黒のロングドレスです。

先週「黒は誰でも着こなせる」と書きましたが、

「白人の人って、黒が全く似合わない人が多いな・・・」と思って見ていました。


ドレスの黒が強いのに、髪や肌、目の色が淡い色なのでドレスの黒に負けまくっていました。

どうしたらもっと素敵になるだろう・・・?と考えると

黒の強さに、顔を近づける工夫をするといいのですよね。


例えば、赤い口紅をつける。

それだけで、きっとすごく素敵になるはず。

自分の顔にもポイントができますから。


または、髪をキレイにセットして、メイクを濃くするのもいいですね。

みなさん、女優さんではありませんから、黒のドレスを着ていても

髪とかメイクとかは、自己流ですごくテキトーな感じなのですよね。舞台の上でも。

だから、服って着ればいいってものじゃないんですよね。

服に合わせて、キャラ作りをしなくてはと思います。



ヴィヴィットな色の服や、華やかな服は、目鼻立ちのはっきりした華やかなお顔立ちの方が似合います。

淡い色の服や、可憐な服は、控えめなお顔立ちの方の方が似合います。

これは、パーソナルカラーや骨格診断で導き出せます。


でも、自分とちょっと違う服を着たい場合は、そちらに寄せていけば

なんでも着こなせるんじゃないかと思います。


控えめなお顔立ちの方が、ヴィヴィットな色の服を着たい場合は

ヘアメイクに頼るのもありですし、ハリウッドスマイルと言われる上の歯を10本見せて笑うようにする。

また、滑舌良く笑顔で話すようにする・・・というのもありです。

でも、それはトレーニングがいりますね。


目鼻立ちはっきりのお顔立ちの方が、淡い色の服を着るには

メイクを控えめにしたり、ナチュラルな雰囲気にすると似合いやすいと思います。


いつもの自分が、なんとなくパッとしないとか、無難から抜け出せないと感じるなら

「こんな服を着てみたい!」という服を見つけて、それに合うヘアスタイルやメイクを

自分で練習してみるといいですよ。


ちなみに、メイクの練習は夜お風呂に入る前がオススメ。

やり過ぎて、顔がめちゃくちゃになったら、やめる・・・です。

特に眉毛の練習は、朝はやってられないので、夜なら何度も描き直せますし

二重三重になっても、気にせずできますものね!

アイラインも、そうですね。


参考にしてください。

投稿者

望月順子

イメージコンサルタント
望月順子

初めての方へ 〜婚活お役立ち情報〜

婚活パーティー潜入レポート 〜プロフィールカードの書き方〜

→
←

婚活ブログ

Ribbon
→
←

婚活ブログ一覧はこちら►►

婚活コラム

Ribbon
→
←

婚活コラムはこちらから►►