婚活ブログ

素敵に見える配色のパターン

2018年5月6日

アイコイ婚活ブログ【素敵に見える配色のパターン】

こんにちは。

今日いただいたご質問にお答えします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は以前から洋服が大好きで、これまでにパーソナルカラー診断を3回受けました。

自分に似合う色はわかったのですが、

その色の使い方や自分に合う配色まではわからないままです。

また、似合う色を顔の近くに持っていくだけでは素敵になれないとも感じています。

配色についてですが、雑誌などの配色を見ると、

必ずしも同じグループ同士の配色にはなっていないこともあります。

トップスとボトムスは同じグループ同士のほうが良いのでしようか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パーソナルカラーは自分を素敵にみせることの出来る

有効なツールのひとつだと考えています。

なので、他にも方法は色々あります。

パーソナルカラーを守るとオシャレになるという訳ではありませんし、

外すと変になるということでもありません。


美しさには、絶対の条件のようなものはありませんし、どう感じるかの世界だと考えます。


ただ、いつも感じることを言いますと

カラーの知識がなくてもオシャレな人は、感覚でパーソナルカラーを取り入れています。

また、「パーソナルカラーを気にしなくていい」というオシャレなスタイリストさんもまた、パーソナルカラーを取り入れています。


パーソナルカラーは、大きく分けると4つのタイプに分類されますが

もっと他の分け方もあります。

診断する側の人はそういう目で見ています。

わかりやすく言うと、「濃い色」と「薄い色」のような感じです。

色で言うと、「黒」か「グレー」かといった感じです。

また、「赤」か「ピンク」かとも言えます。

これは一例で、もっと多覚的に診ます。

そんなわけですから、パーソナルカラーと言っても、黄みか青みかという単純なものではありません。

そしてそして、私はパーソナルカラーをあまり色で捉えてアドバイスしません。

もちろんカラー診断では、似合う色を診ますし、アドバイスします。

人には「全然似合わない色」というのがあるので、それを避ければOKとしていいです。


そして、雑誌はパーソナルカラーをベースに考えてコーディネートしている訳ではありません。

売っている洋服やお化粧品もそうです。

そしてパーソナルカラーは何かというと「自分と調和のとれる色」です。

調和とは、大多数の人から見て「違和感のない色」です。

中には、「とても似合う色」なども含まれます。

パーソナルカラー以外の色は、違和感のある色もあるし、そこそこ似合う色もあります。

違和感があるからといって、ダサくなるとはまた違います。



いただいたご質問ですが

「似合う色を顔の近くに持っていくだけでは、素敵になれないと感じています」とのこと。


似合う色を顔の近くに持ってくると、顔色が良く見えたり、顔立ちがハッキリして見えたりします。

顔が美人に見えるのです。

そして、顔がキレイに見えるのと、オシャレに見えるのは別です。

顔色が悪く見えるけど、オシャレに見えるということもありえます。

一番いいのはこれです。

「顔色が良く見えて、オシャレに見える」ですね。


顔色が良く見えるのは、パーソナルカラーを活用してください。

オシャレに見えるのは、配色です。

洋服は単体ではなくて、全身のコーディネートです。


では、どんな配色にすればステキになるのか・・・。

それは、明確な答えはありません。

色はツールであって、答えではありません。

どうやって使うかが重要ですね。

お料理とか絵画と似ているような気がします。


全身を3~4色くらいでコーディネートするとこんな感じがいいですよ。

という一例を書き出しますので、参考にしてください。

ただ、文字を色を伝えるのは難しい・・・。


そして、ステキに見えるかどうかは

色以外にも素材とデザインが大きく影響します。

そのあたりも意識しながら、参考にしてください。


◆スプリング

〈パターン1〉

ミルクティー色 ・ オフホワイト ・ アップルグリーン

アップルグリーンのほかにいい色は・・・

コーラルピンク、タンポポイエロー、ティファニーブルー


〈パターン2〉

ネイビー ・ オフホワイト ・ 朱赤

朱赤の代わりになる色・・・

マンゴーイエロー、ミントグリーン、ターコイズブルー


◆サマー

〈パターン1〉

ライトグレー ・ 白 ・ ラベンダー

ラベンダーの代わりになる色・・・

スカイブルー、レモンイエロー、桜色


〈パターン2〉

ネイビー ・ 白 ・ ココアブラウン

ココアブラウンの代わりになる色・・・

ローズピンク、ラズベリーレッド、スカイブルー


◆オータム

〈パターン1〉

オフホワイト ・ 濃紺 ・ ブラウン

ブラウンの代わりになる色・・・

ビターオレンジ、抹茶のようなグリーン、ブルーグリーン、カーキ


〈パターン2〉

オフホワイト ・ カフェオレ色 ・ サーモンピンク

サーモンピンクの代わりになる色・・・

パープル、カーキ、黒


◆ウィンター

〈パターン1〉

チャコールグレー ・ 濃紺 ・ アイスピンク

アイスピンクの代わりになる色・・・

アイスブルー、アイスパープル、アイスグレー


〈パターン2〉

白 ・ 濃紺 ・ マゼンタ

マゼンタの代わりになる色・・・

赤、イエロー、チャコールグレー


〈パターン1〉と〈パターン2〉の両方似合う人もいると思いますが

どちらか一方が似合う人もいます。


この他にも、ステキに見える配色はたくさんありますので、

街中でステキだなと思える配色に出会えたら、ぜひ真似してみてください。


そして「トップスとボトムスは同じグループ同士のほうが良いのでしようか?」というご質問です。

同じグループ同士というよりも、色同士の相性がステキに見えるものがいいです。


女性は歳を重ねるほど、自分に似合うものは少なくなってきます。

色々な洋服が好きな人は、それを楽しんでもらえばいいですが

似合うものを求めて、洋服を探している人は

自分に似合ってステキに見える配色、コーディネートを〈パターン〉にするといいです。

カタチのパターン、コーディネートのパターン、色のパターン

この3つを抑えておけば、変な失敗はしなくなります。

投稿者

望月順子

イメージコンサルタント
望月順子

初めての方へ 〜婚活お役立ち情報〜

婚活パーティー潜入レポート 〜プロフィールカードの書き方〜

→
←

婚活ブログ

Ribbon
→
←

婚活ブログ一覧はこちら►►

婚活コラム

Ribbon
→
←

婚活コラムはこちらから►►