婚活ブログ

メイクの仕上がりは化粧水できまる。化粧水のつけかた。

2018年7月1日

アイコイ婚活ブログ【メイクの仕上がりは化粧水できまる。化粧水のつけかた。】

こんにちは。

化粧水のつけかたで、メイクに仕上がりは変わってきますので、化粧水の付け方について書いてみます。

化粧水は手でつけても、コットンでつけてもどちらでもいいです。

 

手でつける場合は、肌が温まらないように注意してください。

 

 

ポイントは化粧水を「大量につける」です。

 

 

化粧水で肌を膨らませます。

そうすると、肌が一段階明るくなります。

毛穴も目立たないように膨らませると、肌表面が滑らかになります。

 

化粧水が足りていないと、肌がしぼんだ状態のままメイクすることになり、下地やファンデーションの伸びが悪くなりますし、透明感が出ません。

 

化粧水は、とろみのない物を選びます。

 

手でつけても、コットンでつけても、ローションパックでもいいです。

市販のパックでもいいです。

 

 

化粧水に求める機能は、「水分補給」のみでいいです。

エイジング成分など色々なものが入っていると、その分重くなり、使い勝手が悪いです。

 

そういう化粧水を使いたい場合は、美容液として使うといいです。前段階にもう一本化粧水を挟みます。

 

 

化粧水をたくさんつけても、これができてないと、いまいち・・・という事も書いておきます。

 

 

「洗顔後すぐメイクをする」

洗顔→スキンケア→メイク、この工程にあまり時間を入れないことです。

 

例えば、15時くらいにメイクするとします。

朝からメイクしている場合は問題ないのですが、こういうことないですか?

朝洗顔してスキンケアして、日焼け止めや下地までをする。

それから、数時間後の15時に下地やファンデーションをつける。

 

これはキレイに仕上がりません。

数時間じゃなくても、1時間あくときは、再度洗顔から始めます。

 

洗顔して埃や皮脂などを取り除いて、キレイな状態でメイクして、そのまま蓋(パウダー)します。

 

蓋までしてしまわないと、中からまた皮脂や汗が出てきてしまい、崩れの原因になりますし、乾燥もするので、肌色が変わってきます。

 

 

「角質ケアをする」

 

角質ケアしていないと、水分が浸透しませんし、肌がツルンとなりません。

角質ケアは、スクラブや拭き取りなど色々種類がありますので、自分にあった方法を探してください。

肌がすごく薄い方で、角質ケアが必要ない方もいます。

 

肌がくすむ感じがする、ザラつく、など思い当たる場合は、角質ケアを取り入れてみてください。

 

 

 

化粧崩れが気になる人は、朝洗顔後に拭き取りローションの工程を入れるとマシになるかもしれません。

 

もっともっと、色々なテクニックがありますので、また機会をみてご紹介したいと思います。

 

投稿者

望月順子

イメージコンサルタント
望月順子

初めての方へ 〜婚活お役立ち情報〜

婚活パーティー潜入レポート 〜プロフィールカードの書き方〜

→
←

婚活ブログ

Ribbon
→
←

婚活ブログ一覧はこちら►►

婚活コラム

Ribbon
→
←

婚活コラムはこちらから►►