婚活ブログ

ファンデーションの色選び。

2018年9月9日

アイコイ婚活ブログ【ファンデーションの色選び。】

 

こんにちは。

ランコムのリキッドファンデを買いました。

 

 

別売りの専用スポンジでつけます。

 

スポンジ使わず、手だけでつけてみたのですが、それだとこのファンデーションの良さが全くでません。

手でつけるとマットな感じで、濃くつきます。

このスポンジを使うと、ツヤツヤでツルンと仕上がります!

結構好きな感じ。

これでダンスレッスンして滝汗でも、さほど崩れませんでした。

 

パウダーなしでもいい処方だそうなので、パウダーは薄く頰以外の場所につけます。

 

私が買ったのは、「PO−01」ピンクオークルの一番明るい色です。

私はファンデーションは結構明るめを使います。

 

 

ファンデーションの使い方によるのですが、私はリキッドファンデーションはファンデーション兼ハイライトとして使っています。

 

顔の中心部分につけて、フェイスラインにはほとんどつけません。なので、実際に肌の色よりも明るい色を選びます。

今回も「PO−03」と迷ったのですが、明るい01にしました。

 

骨格診断でストレートタイプの人は、肌色よりも少し明るい色を選ばれた方がお似合いになることが多いです。

あと、丸顔の人、サマーの人もその方がいい場合が多いです。

 

ストレートタイプの人や顔の肉付きがいい人は、白くすると上品な雰囲気になりますが、暗くすると地味な雰囲気になりやすいです。

 

健康的な肌色にして似合うのは、ナチュラルタイプの人。

ナチュラルタイプの人は、そもそもファンデーション自体があまり得意ではないので使うファンデーションは自然で薄づきのものがいいです。

 

また、秋冬は多少白い方がキレイに見えます。

 

image

 

 

 

顔の中で、どのパーツが主役になるのか?という目で見ると、日本人の場合は「肌」であることが多いです。

外国人の場合は、目の場合が多いです。

 

顔のパーツが大きい人が、肌色を白くすると「やり過ぎ感」が出てしまいますが、日本人の場合はポイントメイクをしっかりしても外国人のすっぴんよりもまだまだ存在感が薄いのではないかと思います。

 

その外国人の顔立ちに少し近いのがナチュラルタイプの人です。なので、ナチュラルタイプの人は少し日本人離れしている雰囲気の人が多いです。性格も。

 

肌色は季節によって変わりますので、ファンデーションは買う度に色選びをし直してください。

 

投稿者

望月順子

イメージコンサルタント
望月順子

初めての方へ 〜婚活お役立ち情報〜

婚活パーティー潜入レポート 〜プロフィールカードの書き方〜

→
←

婚活ブログ

Ribbon
→
←

婚活ブログ一覧はこちら►►

婚活コラム

Ribbon
→
←

婚活コラムはこちらから►►